PRODUCT
製品情報

防爆電気ヒーター

防爆電気ヒーター
防爆電気ヒーターについて
投げ込み式のフランジ型、液体循環ポンプと組み合わせるシェルアンドチューブ型、気体を加熱する箱型の3種を取り扱っています。

取り扱い製品の形式

フランジ型防爆シーズヒーター

フランジ型防爆シーズヒーター
形式
DWBDR Iシリーズ
用途
投込み式式電気ヒーター。
容器に組み込んで液体を加熱します。
シェルアンドチューブ型

シェルアンドチューブ型
型式
DWBDR Fシリーズ
用途
液体循環ポンプとの組み合わせにより、液体を効率良く加熱します。
箱型気体加熱防爆電気ヒーター

箱型気体加熱防爆電気ヒーター
型式
DWBDR Aシリーズ
用途
気体を加熱します。

製作メーカー概要

所在地 中国江蘇省
その他 防爆電気製品の専門メーカー
品質保証体制完備、ISO/IEC/ATEX品質マネジメント認証
国際防爆規格(IECEx)検定合格
EU防爆規格(ATEX)検定合格品
日本防爆規格(TIIS)検定検討中
輸出実績:アメリカ、ロシア、欧州、日本、インド等

特徴

製造現場の様子
製造現場の様子

高品質な防爆検定合格品を短納期低価格でご提供致します。

製作範囲

以下範囲内でお客様の要求仕様に合わせて設計製作致します。

電圧 200〜690V
周波数 50Hz、60Hz
電気容量 Max 1000kW
保護管材質 ステンレス
シェル材質 炭素鋼、ステンレス
温水ボイラーの法的区分

対応可能規格法規

規格名 JIS規格
ボイラー構造規格(液体を加熱する場合)

※電気ヒーターで液体を加熱する場合、温水ボイラーと区分され、20kW(電気容量)=1m2(伝熱面積)と換算しますので、 使用圧力が0.1MPaを超えた場合、電気容量が80kWを超えた場合は ボイラー構造規格に適合させることが必要です。

当社は指定外国検査機関制度を利用し、指定外国検査機関である「Lloyd’s Register Verification Limited」社に検査を依頼しています。

書類審査 横浜事務所
現地検査 上海事務所

上記指定外国検査機関の検査合格書類1式を持って、使用検査を合格させます。