PRODUCT
製品情報

多管式熱交換器/シェルアンドチューブ型熱交換器

固定板式熱交換器
固定板式熱交換器
Uチューブ式熱交換器
Uチューブ式熱交換器
多管式熱交換器とは
古くから使用され、最も一般的な熱交換器です。
シェルアンドチューブ型熱交換器とも呼ばれ、シンプルな構造でコンパクト化が可能になっています。
円形のシェルに円形の伝熱管を使用しており、高温.高圧でも使用できる特徴を持っています。

製作メーカー概要

所在地 中国江蘇省
設立 1968年
資本金 8180万中国元(約14億日本円)
敷地面積 136,000平米、内建築面積:69,000平米
従業員 458人、内技術者58人
その他 品質保証体制完備
ISO9001認証、ISO14001認証、CNAS認証等
中国圧力容器設計.製造許可
ASME(米国機械学会)Uスタンプ設計製造許可
中国石化公司、中国海洋石油公司、中国石油天然気公司、中核集団の合格サプライヤー
輸出実績:アメリカ、カナダ、日本、東南アジア

特徴

波型チューブ外観
波型チューブ外観

通常のストレートチューブ伝熱管以外に、波形チューブ伝熱管も得意としています。
波形チューブ伝熱管は主に以下のような特徴があります。

  1. 伝熱係数が高い
  2. スケールが形成しにくい
  3. 温度差による熱拡張の
    自己吸収能力が高い

製作範囲

以下範囲内でお客様の要求仕様に合わせて設計製作致します。

固定管板式とUチューブ式
シェル直径 Φ150㎜~Φ2400㎜
チューブ長さ ~9m
チューブ種類 ストレートのシームレス伝熱管と波型のシームレス伝熱管
ストレートチューブ直径 Φ10、Φ16、Φ19、Φ25
ストレートチューブ厚み 1.0~2.5
波形チューブ直径 Φ19、Φ25
波形チューブ厚み 0.6、0.8、1.0、1.2
圧力 FV~10MPa
材質 炭素鋼、ステンレス、チタン
製造現場のようす

製造現場のようす

出荷のようす

出荷のようす

対応可能規格法規

規格名 JIS規格
第1種圧力容器構造規格
小型圧力容器構造規格

当社は指定外国検査機関制度を利用し、指定外国検査機関である「Lloyd’s Register Verification Limited」社に検査を依頼しています。

書類審査 横浜事務所
現地検査 上海事務所

上記指定外国検査機関の検査合格書類1式を持って、使用検査を合格させます。